役立つ知識

やけど虫には要注意!症状や対処法を解説!

やけどの画像

「やけど虫」という虫のことはご存じですか?

やけど虫というのは、アオバアリガタハネカクシという虫のことで、卵や幼虫、蛹、成虫のいずれにおいても体内に「ペデリン」という毒を持っています。

この体液が付着すると、数時間~半日後に皮膚に炎症が起きます。このときの炎症の状態が、やけどのように見えるため、やけど虫と呼ばれるようになりました。

またこの毒が眼に入ると、失明する恐れもあるため、大変危険な毒となります。

今回はこのやけど虫について詳しくみていきましょう。

やけど虫の生態

やけど虫

やけど虫はどんなところに住んでいて、どんな虫だと思いますか?まずはこのやけど虫について解説していきます。

生息地域
やけど虫は、日本全域に分布しており、比較的どこにでも見られる虫です。特に水のある場所を好み、田んぼや畑などに生息しています。
また外だけではなく、室内にも入ってくる恐れがあるので要注意です。

活動時期
基本的に3月~11月に活動していると考えられています。その中でも6月~8月の暑くて湿気のある時期を好んで活動すると言われているため、夏のレジャーなどには注意が必要です。

見た目
アリのような形をしていて、黒とオレンジの2色になっています。体調は6mm~7mmぐらいの長さで、細長い虫です。

やけど虫の毒がついたときの症状は

やけど虫
やけど虫の症状は、噛まれたことによって起こると思われがちですが、毒のある体液が皮膚についたことによって起こるものです。

体液が皮膚につき、それがやけどのような炎症を起こします。

そのため体にやけど虫がついたときは、叩くのではなく、タオルなどを使って払いのけるようにしましょう。

もし触ってしまったときは、眼などを触らずに、流水でしっかりと洗い流してください。

やけど虫の対処を学ぼう

流水で洗う
日本のどこにでもいるやけど虫ですが、対処法はあるのでしょうか?
こちらについても解説をしていきます。

もしも体液がついた場合

注意していても、やけど虫の体液がついてしまった場合は、きれいな流水でしっかりと洗い流してください。そのとき、こすったりすると、体液が周りに広がってしまうため、極力触らずに、しっかりと水で洗い流すようにしましょう。

その後様子を見て、皮膚に炎症が現れた場合は、ステロイドが入った薬を塗ることも可能です。ですが、あまり効果を感じないことが多いため、皮膚科を受診するほうが安心です。

やけど虫に襲われないためには

家の中にも入ってくるやけど虫。やけど虫に出会わないようにするには、殺虫剤を使うのが効果的です。

窓や網戸など、虫が寄ってきやすいところに、あらかじめ虫を寄せ付けないタイプのものを振っておくのも効果的になります。また光に集まるため、街頭などにも対処しておくといいでしょう。

出くわしてしまったときは、直接虫にスプレーするタイプのものを使うと殺虫できます。死骸にも体液は残っているので、素手で触ることは避けてください。

やけど虫に気をつけながら残暑を楽しもう

田んぼ
まだまだ暑さの続く毎日です。水の多いところに行かれる方もいらっしゃるかもしれません。

その際はまだまだやけど虫の活動時期ですので、警戒しながら遊ぶようにしましょう。

暑いと露出も増えると思いますが、あまり露出せず、虫対策を行うのがおすすめです。むやみに虫には触らず、異変を感じたらすぐに病院を受診してください。