芸能

加山雄三は軽度の小脳出血を起こしていた!現在の容態は?

加山雄三

8月29日に緊急搬送されたと報道されていた、加山雄三さんですが、軽度の「小脳出血」を起こしていたことが9月2日事務所より発表されました。

当初は誤嚥との報道でしたが、咳き込んだことによって、小脳出血を起こしたそうです。この小脳出血とはいったいどんな病気なのでしょうか?また現在の加山雄三さんの容体や今後の活動はどうなるのでしょうか?

小脳出血とは

脳の構造
小脳出血とは、その名前の通り小脳から出血が起こります。

症状
・頭痛・めまい・嘔吐の症状が突発
・立ち上がるとふらふらして、歩くことができない
・めまいが強く起こる
・徐々に意識障害が起こる
・呼吸状態が悪くなるため、早いうちの手術が必要

脳での出血のため、早めの対応が必要です。また高血圧の方がなりやすいと言われています。

治療法
小脳出血の一般的な治療法は、手術による治療法です。

小脳の中に血腫が出来ているため、これを除去します。しかし比較的軽度な場合は、薬物治療で経過観察を行うこともあるそうです。

加山雄三さんの容態

加山雄三
現在加山雄三さんの容態は安定していますが、今後は治療に専念するとのことです。

本人からのコメント
トレーニングしたあとの水がうまくてさ、がぶ飲みしちゃったんだよな。年相応の飲み方をしなきゃね…。
体長万全にしてまた元気でみなさんにお会いします。
それまで待っててください。

と、事務所を通じて発表しました。
コメントを発表できる状態なのは安心ですが、小脳出血とのことなので、まだまだ心配ですよね。

主治医によると、現段階では出血の拡大はないとのことです。

高齢なこともあり安静に


緊急搬送された際は、嘔吐を繰り返していたため、誤嚥性肺炎を引き起こす危険性があると言われてあり、しばらく入院すると発表していました。

しかし今後は慎重な経過観察が必要とのことなので、まだまだ心配な状態が続きます。

83歳という高齢でもあることと、今は新型コロナウイルスの影響もあるので、安静に過ごしていただきたいですよね!

無理のない生活を


自粛生活をきっかけにトレーニングを行う方は、たくさん増えたと考えられています。水分補給も気をつけないといけませんね。

普段からトレーニングを行っている方でも、何があるかわかりません。年齢を重ねているとなおさら誤嚥などの心配も出てくるため、慎重な行動が大切となります。

今回加山雄三さんは容態も安定しているとのことなので、今は安心できそうです。また元気な姿が見れる日を楽しみに待ちましょう!