事件

ドコモ口座連携銀行一覧!持っていなくても警戒を!まずは口座を確認!

ドコモ口座

「ドコモ口座事件」を知っていますか?あまりニュースとして大きく報じられていないため、ドコモ口座を持っていない方やドコモユーザーではない方は警戒していないのではないでしょうか?

実際私は関係ないと考えている方の声が多数ありました。しかし実際はドコモ口座と連携している銀行口座を持っている方すべてに関係する事件です

関係ないと思っている方も一度事件内容を確認し、自分の口座を確認してください。

ドコモ口座事件とは

ドコモ口座
そもそもドコモ口座事件とは、NTTドコモが提供している個人向けの送金・決済サービス「ドコモ口座」が悪用され、不正出金が行われている問題です

ドコモ口座と連携している銀行の口座を登録すると、その口座から直接ドコモ口座に入金できるという仕組みなのですが、この仕組みを悪用したのが今回の不正出金です。

適当な情報を入力したドコモ口座を開設し、そこから他人の口座を連携させて勝手にお金を送金しているのです。

つまりドコモ口座を持っていなくても、ドコモ口座と連携している銀行の口座を持っていれば被害にあう可能性はあるということになります。

ドコモ口座連携銀行一覧


ドコモ口座と連携している銀行は以下の通りです。

・イオン銀行      ・七十七銀行
・池田泉州銀行     ・十六銀行
・伊予銀行       ・スルガ銀行
・愛媛銀行       ・仙台銀行
・大分銀行       ・ソニー銀行
・大垣共立銀行     ・第三銀行
・紀陽銀行       ・但馬銀行
・京都銀行       ・千葉銀行
・滋賀銀行       ・千葉興業銀行
・静岡銀行       ・中国銀行
・東邦銀行       ・鳥取銀行
・南都銀行       ・西日本シティ銀行
・八十二銀行      ・肥後銀行
・百十四銀行      ・広島銀行
・福岡銀行       ・北洋銀行
・みずほ銀行      ・みちのく銀行
・三井住友銀行     ・ゆうちょ銀行
・琉球銀行

の以上35の銀行です。
これらの銀行の口座を持っている方は、まず残高の確認を行うようにしましょう。

ドコモ口座で不正出金が起こった原因


原因として考えられているのは、オンラインシステムを利用する際の、本人確認の甘さが原因ではないかと言われています。

オンラインシステムは当初厳重な体制を整えていましたが、なかなか普及しなかったため、簡単に使えるような体制に変更してしまったのです。

そのため今回の被害を受けて本人確認を強化し、再発防止に努めるとしています。

被害拡大の恐れがあるため警戒を


被害はまだ一部だとも考えられているため、まだまだ安心してはいけません。

簡単に行えるからといって登録した結果の被害のため、これからの体制の整備を求める声も多く聞こえます。またドコモ口座に登録していない人も被害にあっているため、なお警戒が必要です。

自分には関係ないと思わず、しっかりと確認を行い、少しでも不正な取引があれば、すぐに最寄りの警察へ連絡してください。