役立つ知識

9月1日は防災の日!年に1度は防災グッズを点検しよう!

防災の日

9月1日が防災の日であることは知っていましたか?

「政府、地方公共団体等関係諸機関をはじめ、広く国民が台風、高潮、津波、地震等の災害についての認識を深め、これに対処する心構えを準備する」として制定されています。

毎年この日に防災関連の行事が行われていたり、この日を含む1週間は防災週間として、さまざまな国民運動が催されます。学校では、避難訓練などの防災訓練が行われたりします。

ご家庭には防災グッズは用意できていますか?
また家庭でもこの日を防災の日として、防災グッズの見直しを行ってみてはいかがでしょうか?

準備はしたものの、いざとなったら使えない…なんて困りますよね。そのためにも防災グッズは定期的に点検を行いましょう。

防災グッズはどんなものを用意すればよいか

防災グッズ
一概に防災グッズといっても、何をどれぐらい用意すればいいのかわからなくて困る方もいらっしゃるのではないでしょうか?

あくまで目安ですが、飲食は一人当たり3日分は必要とされていますが、大災害が起きたときは1週間分が望ましいとされています。

ご家庭によって、家族の年齢や人数によって必要なものが変わってきますので、これを目安にして準備しておくといいでしょう。

また飲食用のものだけではなく、日用品も確保しておく必要があります。身の回りにある、ティッシュやトイレットペーパー、おむつなど、必需品だけではなく、水が止まったとき用の生活用水、ガスや電気が止まったとき用のマッチやコンロ、ろうそくなど、災害が起きたことを想定して用意する必要があります。

おすすめは防災グッズセットを購入すること

それでも、なかなかわかりずらい方には、防災グッズをセットで買うことがおすすめです。

今は通販でも手に入れることができます。中身を確認し、足りないものを補充するという形でもいいと思います。

定期的に防災グッズを見直そう

防災グッズの点検
買ったり用意はしたものの、そのまま何年も放置していませんか?

防災グッズを使わずにいれるのは、嬉しいことですが、定期的に見直しは行いましょう。特に飲食物は期限があるため、確認する必要があります。

年に1回見直しを行う日を決めておき、その日までに期限が切れるものは、新しいものと入れ替えるようにしておきましょう。

またマッチやコンロなど、問題なく使うことができるかどうかも確認しておくのがおすすめです。

防災グッズと一緒に用意しておくといいもの

防災
防災グッズだけではなく、その他にもあるといいものがあるので、ご紹介します。

家族写真
これは身に着けておくといいものですが、家族の写真や連絡先など、家族につながる情報があると安心です。いざというときに身分証明にもなりますし、お子様などうまく話せない方でも顔がわかれば家族とつながる可能性があります。

抱っこ紐
これはお子様のいる家庭でのことですが、お子様に使っていた抱っこ紐はしばらく置いておくと安心です。いざというときには、抱っこしてあげることもできますし、両手が開くため、荷物を持つこともできます。

子供が大きくなったからとすぐには捨てずに、ある程度の年齢まで置いておくと安心です。

防災グッズは何もないときに用意しよう

防災
災害などが起きてから後悔しないように、何もない毎日を過ごしている今のうちに、しっかりと準備をしていくようにしましょう。

また家の中の大きな家具の固定もきちんと行い、そちらの点検も忘れずに行うといいですね。