政治

安倍総理が電撃辞任!! 次の総理は誰?次期候補をまとめてみる

安倍晋三首相が健康問題を主な理由に突然辞任を表明したことで、日本中が大騒ぎになっています。

直近の状況と、後継者の動向などについてみていきましょう。

安倍総理が電撃辞任!理由は?

通算7年8ヶ月という歴代最長の政権運営を誇った安倍政権ですが、長くトップに君臨した安倍総理が8月28日に会見を開き、突然の辞任を発表しました。

直接の原因は前回と同様、潰瘍(かいよう)性大腸炎という難病が再発し、職務を遂行することが困難になったこととされています。

それを裏付けるように、ここ最近安部総理は非常に体調が悪く、周囲から見ても明らかに具合が悪そうだったとの証言が多くありました。

長期政権在任中に経済や外交面で多くの成果を挙げた一方、いわゆる「モリカケ問題」や、これに伴う官僚の公文書偽造問題、また「桜を見る会」での対応問題など、批判される問題もありましたが、ここ最近は新型コロナウイルス感染拡大で経済に大きな打撃を受け、「アベノマスク」などの対応も批判されていました。

次期総理の候補者まとめ

安部総理の辞任表明を受け、政権与党である自民党では早速、次の後継総裁選びに向けた駆け引きが始まっています。

候補として挙げられているのは、かねてから有力候補と言われてきた岸田文雄政調会長と石破茂元幹事長、また河野防衛大臣ですが、長く側近として安部総理を支えた菅義偉官房長官を推す声も多く、選挙戦の構図が焦点となっています。

政界の重鎮で、総理の相談役でもあった麻生太郎財務相は今回出馬を見送る意向を示しています。

その他にもや茂木外務大臣や稲田元防衛相、野田元文科相なども出馬に意欲を示しているようです。

今回の総裁任期は残り1年程度のため、その次の本格政権を見据えた場合にはショートリリーフ役として菅氏が本命視されているという見方もあります。

まとめ

・安部総理が健康問題を理由に電撃辞任

・長期政権の成果と問題点は様々

・早速に後継総理候補も調整が進む

今回の安部総理の電撃辞任発表で、国民全体に衝撃が走りました。

健康問題が中心だけに、止むを得ない側面もありますが、特に政権の前半で経済回復と外交の建て直しを進めた実績の反面、後半には様々なスキャンダルとコロナ禍で厳しい批判に晒されたのも事実です。

早くも有力な後継候補が何人か挙げられており、菅氏が立候補の意向を固めたようですが、誰が次期総理に就任しても、安部政権が抱えた多くの問題を正しく解決できるようしっかりと対応いただきたいものです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。